銀行カードローン審査に落ちたときには?

銀行カードローンによって個人向け融資に消極的であった銀行が積極的に参入した背景には、保証会社に貸金業者が付くようになったということが挙げられます。無担保保証人不要のカードローンの審査のノウハウを持たなかった銀行が、保証会社となった貸金業者からノウハウを得たことで実現しました。銀行カードローンの審査は銀行と保証会社の両方の審査に通過しなければ契約できません。また審査のウエイトは保証会社の方が大きく、中には申し込みを受けたら保証会社にほぼ丸投げといった銀行カードローンもあるようです。もし申し込みが否決されて時には、保証会社を見てみましょう。


<銀行カードローンの審査に落ちたときは>

銀行カードローンの審査に落ちたときには、「保証会社の審査に落ちている」と考えられます。そればかりではありませんが、その可能性が高いのです。全く信用情報上現在は問題がなかったとしても、保証会社となっている貸金業者で以前に延滞などの事故を起こしていた場合、社内に情報が残っていることも考えられます。申し込みの際にはまず保証会社を見てみましょう。それによって「以前迷惑を掛けたことがある貸金業者」が保証会社だったときには申し込みは避けたほうが無難です。

Comments are closed.