銀行カードローンと利用限度額の良い組み合わせ

ここだけの話、利用限度額はあくまで「限界ライン」なので、そこまで実際にお金を借りなくても低金利の利用をすることができます。 同じキャッシング額でも、消費者金融より低金利である銀行カードローンを上手く活用すれば、少額の借り入れでも低金利で利用が可能になるかもしれません。 この仕組みに触れつつ、限度額を上げるためにはどういった工夫をすればよいのかをお伝えします。


《銀行カードローンの利用限度額の仕組みと謎》

銀行カードローンは、利用限度額いっぱいまで借り入れを行わなくても、低金利でキャッシングすることが可能です。 例えば、みずほ銀行のホームページを参考にするとよくわかります。 「ご利用限度額が1,000万円の場合、お借入金額に関わらず金利は4.0%」という文の通り、実際に借りる金額が10万円だったとしても、契約したときの利用限度額がもっと高ければ、その金利で10万円を借りることができるというわけです。 すごい仕組みですよね。 ただし、そこまで限度額を上げるためには、銀行からすごく信用してもらう必要があります。


《限度額を上げるための審査がある》

これは銀行カードローンに限らず多くのキャッシング会社がそうなのですが、カードローンの利用限度額を上げる申し込みには別で審査があります。 この審査では、利用してきた履歴が重要になってくるため、発行してからある程度の月日が経たなければ通過するのは難しいです。 およそ半年に1度くらいに申し込むのが目安と言われているので、結構長い目で見なければいけません。 今更かもしれませんが、もちろん最初から利用限度額を1,000万円にして申し込んでも落ちてしまうだけなので、自分の返済能力との釣り合いを考えて申し込みましょう。

PR>>>北海道銀行カードローンの研究ネット・・・北海道において人気ナンバーワンのカードローン商品!

Comments are closed.