銀行カードローンが向いていない場合

銀行カードローンは便利なサービスです。月々の支払いが一定なので管理しやすく、必要な時に限度額内なら自由に引き出せるので柔軟な使い方ができます。しかし、必ずしも向いているわけではありません。知らず知らずのうちに多くの利子を支払っているかも知れません。お金が必要なら仕方がありませんが、節約には適したサービスの利用も重要です。


<銀行カードローンの向き不向き>

銀行カードローンはその返済が長期化します。ローンというのはそもそもお金を借りることを意味しますが、一般的には分割して長期間かけて返済するものです。期間が長引く分、利子もかさんでしまいます。一方でキャッシングなどに比べると大きな金額を借りることができます。そのため、一時的にまとまったお金がいる場合に向いています。


<不向きな場合>

特に向いていないのは、借り入れ額が小さい場合です。収入によって基準は変わりますが、翌月に払えるなら翌月一括払いのほうがずっと楽でしょう。金額が小さいと審査もすぐに終わるので借りやすくなっています。ただし、審査は銀行カードローンもそう時間はかからないので、時間の面では大きな違いはない場合もあります。返済が長期間になると口座の管理を忘れてしまうこともあるので、管理が手間だと感じられる場合もキャッシングのほうが良いでしょう。

Comments are closed.